一歩から

2017年6月15日 (木曜日)

腐れ縁は腐れ縁だった

「一歩」を辞めるとき「肩の荷を降ろしたい!」と言ってやめた。

「個人的」なことだったかも知れない。
でも攻撃したんじゃーナイ!
「ギャンブル」は俺も好きだ!
だけど「自己責任」で遊べ!
かまやーかまうほど「俺も」イケンようになる。
それでもそれでもと「米」やりしたい放題やるもんはやった筈だ
「ゲリラ豪雨」に心配したのは「俺」くらいなもんだ。
あれが欲しいいうからやった。
金返せないなら返せないで「返す」言うな!
俺も死ぬ腹決めて三日間「債務整理」で休んだ。
なんでタバコ数本もらいアイツに奉仕しなきゃいけないんだ。
あの時辞めたときの責任を福祉も取れ!
なんにもイケンようになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年5月 2日 (火曜日)

腐れ縁

それは法人になってからも続いてた。

けどもだー。
何かいいところ?悪い人じゃない?
支援員も言っていたし
久しぶりに出向いた時尋常じゃーナイ位
怒鳴り散らかしている!
「場所をわきまえろ」と思ったが上に上がっても同様、
「家来い!」いってアイツにはアイツのやりたい放題パソ、プレステ、
二階にも泊まらせた。
「一宿一飯」なんて仁義の一欠けらもなく来る日も泊まった。
「家」にあるDVD,着る物、靴、なにからなんまでやった。
何かいいところがある筈だ!と。
そいつは「借金グセ」がかなりあった。
朝「病院にいくのにちょっと貸せー」いうから大きいもんしか
ナイのでただ信じて貸した。
そのうち5回目来た時もいくら借りて来たーとか?
そして「一万借りれなかった」とか?
どうしようもない「バカ!」だと気づくか北ならとっくの
とうに「粛清」されているはずだ。
それでなくても俺が「粛清」しようと思った位だ。
これもそれも昔からの因縁、どれほど福祉に訴えたか
「身の程知らず」とはこいつみたいなやつだ。
ちょっと出てたが腹が立ち落ち込む。
周りにゃ助ける人もなく怨み一筋生きてゆくと一緒に
カラオケ三回したが、金返せー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年12月 3日 (月曜日)

一歩の値打ち

一杯持って生まれた
天性にあるんだ。
負けないように
するのには
悪い事真似ちゃ駄目なんだ。
後悔ないように
もっともっと
苦労するんだ。
楽して夢みるは
都合いい事なんだ。
ましてそんな世の中は
甘いものじゃ
ないんだ。
遊興にかまけても
ギャンブルしても
ちっとも面白くなかった。
みんなより
経験者が
語っているんだ。
真の道は
金をもっともっと稼ぐ
事にあり。
99里の道を
人は半ばと教えがある。
最後まで諦めない。
面白くナイなら
一歩でも家でもあたる場所でナイ!
自分自身で自答自問で
あたるんだ。
真の道は
苦労する道にあり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

自立する為にあるんだー!

何故これ程
葛藤したのか?
金は二束三文で
見る間に貧窮したけど
見本にはなれなかったが
生活が乱れていたら
それを立て直す為に一歩はあったんだ。
家へ帰れば
どうでもいいんじゃナイんだ。
酒を呑むのも
ギャンブルをするのも
遊興にかまけるのも
人と人との関わり方を
学ぶ為に一歩はあったんだ。
一人のお客様から一歩は始まる。
その一人のお客様がいらっしゃいなかったら
いきなり二人の
お客様はナイんだ。
まぁ一歩は売り上げも
どんどん上昇したが
いつの頃からか
赤字になった。
中期の頃は
伝票整理も何が
一番売り上げが
ある品物か?
去年と比べて
今年の売り上げは
多いか
少ないか?なんて
比較していたけど?
普通の人?
〔健常者〕という言葉は
一歩で働くようになって
初めて保健師さんに
聞き知ったけど
健常者すら仕事のない程
不景気になった。
葛藤しなくなる時は
その言っていた
タクシーの運転手でも
作業所が断られたら
なる!
一般就労するのには
もっともっと人付き合いを
大切にしなきゃあ
苦労がある。
俺も出なかった。
でも家に居る時は
一歩を想わなかった
事はナイ!
ただ単にメンバーが
憎かったじゃナイ!
一歩で後悔なかったか?
誰が世間で
いい人か
遊興友達でも
まして勿論その道の人でもナイ!
それは支援者にも
厳しく
むごくも当たったかも
知れない!
障害者が怖かったかも
知れない!
けども
俺だって支援者には
分からない位
ひどい事は
茶のみ友達?
タバコを吸いながら
聞いて来たんだー!
どうでもよかったんじゃナイ。
真っ当な事を一歩でしてなきゃ
あたる所は
家族でもあるんだ。
金は一年で半分は
休むから
生活も貧窮したけど
ギャンブルはしなくなった。
遊興はしなかった。
付き合いは寄り合いもした。
いい見本じゃなかったが
腹も立てた。
全部後のこりないように
親父も往き
兄貴も逝った
一人になり
心残りも
ないように
辞めたかったんだ。
それは
もっともっと
一般就労は苦労するが
甘えてちゃあ
いけないんだ。
何ら薬さえあれば
普通の人とは
変わりない。
少なくとも
弱者の気持ちが
分かる
いいとこ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年7月29日 (金曜日)

七周年記念〔一歩まつり〕

Pict0001

カテゴリー〔一歩から~!〕は
投稿は終わりの筈だった。
けども蘇った。
真剣勝負の賑わいの中でレジ!
朝二度寝入りの眠気を覚醒しようと
必死だった。
バイクに乗ると部屋の熱い日差しから
木陰を切って出る気持ち良さと変わった。
七周年記念は決戦の金曜日だった。
レジに一番に立つと天井が低いのか
俺が背が高すぎるのか!?
伝票がナイ!
近くの本屋に行ってみるが
売り上げ票がナイ!
スタッフの機転で三枚だけあった
伝票をA4の紙に三枚ずつ
二十枚にコピーさせ間に合った。
後は釣り銭の間違いがないよう
真剣勝負の幕は開いた。
出足は鈍かったがバイキングの料理は
一部なくなる程の大盛況だった。
二時前一杯の冷たい珈琲を飲んでお腹を
落ち着かせ
昼飯を食べる。
カリンバもみんなの足を引っ張りながらだが
弾いて
[一歩ふみだそう!]位大きい声で唄おうと
ニ度目の真剣勝負は終わった。
ぜ~んぶみんなのおかげ、みんなが
頑張ってくれたおかげ、
又いつしか迷うかも知れない!?が
決戦の金曜日は
真剣勝負の七周年記念日だった。
打ち上げのアイスはつめーたい〔一杯の珈琲〕だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年7月 5日 (火曜日)

尊ぶ人達

最後の一歩から~ となるであろう投稿、

昨日、置き薬屋さんが

運営委員会の前来た。

いくら置き薬屋だろうと

尊ぶ人とは腹を割って話す。

玄関では何だからぁ~と広間に上がって貰った。

俗世間の事を話し、[兄貴も去年逝った~…諸々]

話しをした。

震災から後、何を頼りに

これから先!?近くにも島根原発ーがある。

置き薬屋さんと巷の話しをして

[石田さん元気出して下さい!]

と栄養剤を置かれた。

政治も不安定、今だって地核が変動した和歌山県で

震度5だー!

運営委員会に出かける時間になったが

[今度長屋で音楽を聴きましょう!]

から長渕好きなんですョ!

の話しになった。

一本の栄養剤しか昨日は腹に入らなかった。

晩も考え

そうだ!そこに前の畑で老婆が働いていたら

隣町の作業所で尊ぶ人?

思いやりが出来る人?

7周年の一年は恨んだり腹をたてたりした。

そこに尊ぶ事がなくなった。

何を頼りに生きて行けばいいか今日分かった気がした。

そこに幸せは老婆が働いていたら

一緒に手を差し伸べ働き

合間を見て隣町に行こう!

梅雨が明けたみたいに希望の光が見えた!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年7月 3日 (日曜日)

梅雨の候

一雨が猛暑の一息をつかせる梅雨の候、

一歩も後、一息で7周年を迎えます。

昨年身内にも不幸があり

あまりにも一歩に出られなかった私ですが

般若心経を唱えている時も

又ぎっくり腰になっても一歩の事を案じなかった事はありません。

本当は昔のまま少人数のメンバーとスタッフのまま

作業所一歩も歩んでいけたら

どんなに良かったのでしょう?

メンバーを増やさなければ法人化に迎えナイ!

本年度からの課題でした。

春をやっと迎え一歩にも春が来たか

という時

東北で大震災があり人災と言える

原発事故は続いたまま

一体何を信じれば

何に目標を持てば

という世の中、

それでも一歩のメンバーが増え

身だしなみ、とか衛生上においての

手洗い、

放射能の風評被害はイケないが

一歩の接客用語ひとつ、

印象の悪さは治そうと思えば出来る

と一歩の事で頭を悩まさなかった日はありません。

喫茶店としてお客様から商売しているからには

作業所だからと言う甘えは

ゆるされません。

本当いうと今日も投げ出したかった

そして私も退いた明日

誇れるような作業所、

一歩であって欲しい

と折に願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年1月26日 (水曜日)

雪がどんどん降り又寒さ厳しく、春は遠のき心が

不安定ながらそれでも近づいているのでしょう。

一歩も実際にスタートを切ったのは2月でした。

ですから丸七年経ちます。

今、振り返るのもこれから立ち向かうのも一歩ずつ!

一歩を存続させたい気持ちは私達全員の気持ちです。

一歩から得るものは色々ありますが一番

大きい物は家に閉じ込もらないないと言う事だと思います。

又喫茶業務における人と人の触れ合い、

食事における基本料理、礼儀、作法、マナー、

いずれにせよ家に帰ったらどうでも良い!

じゃなく一歩から学び私生活も学んだ事から

自立する糧とすると言えばこじつけでもない。

一歩に厳しい冬出ていれば暖房代が少ない。

昼飯が食べられる。

日頃不安な事を支援員に話す。

又いつか年が過ぎて振り返った時

メンバーも誇れる友となって欲しいから

今葛藤も存在します。

長々と述べましたが

春に向かって

きっと一歩にも春が来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年1月12日 (水曜日)

そこにプライドは存在する

Pict0001

世間から弱者の為の作業所と見られていても
一歩に出る理由も何にも仕事だからの前
喫茶店としてまわりからみて
一見変わらない一歩の方が優れている!という
何年かかってもなし得ないかも
そこに『プライド』がある。
だから納得出来なかったら
人一倍葛藤するし人一倍努力しようとする
決して恵まれている
工賃じゃないけど
何にもなくなってても
そこに『プライド』は存在する。
その恩師は父でもあるし母でもある。
生前父はゴッホだってお前と同じ病気だったと諭し
母は二人とも現実を見つめ!と諭した。
だからいい加減な奴を見ると
腹が立つし俺たちゃ
そんな上っ面で生きてるような
人間じゃないと反感を持ち
そんな生き方真似ようなんて
これぽっちも思わない!
寒くても贋作でもゴッホの《ひまわり》を
かける為兄貴が亡くなってから
ずっ~と長屋を掃除して来たんだぁー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年8月17日 (火曜日)

束の間の研修

Photo

朝早い目覚めに間が持たない。第三火曜日、6時前、上に上がる。時間的にも[うざい髪の毛!]をどうにかしたかったが床屋は休みか早いからかBaは回ってなかった。仕方なく[床屋が営業か休みか確かめたかった]心当たりを数件電話する。行き着けは研修に間に合わないか~上で済ませるか~!?ちょうど早い目覚めは間を持たせるのに良かった。デジカメを充電させ携帯も準備完了。やっと行き着けの床屋に携帯がつながると【営業であって定休日でもある…‥!?】【石田ですけど!】と言ったらこころよく【開けときます】うざい頭をすっきりさせ境港へ出発進行。まつぽっくり事業所で十数年かかりやっと一歩踏み出せた!と孤軍奮闘をした話を聞き【地元に受け入れて貰うよう努力する】とか鬼太郎ロードの清掃作業のエラさ、又たこ焼きの移動車を出すまでのエラさ、およそ一歩の倍は要した年月、などなど一言では言えない苦労を身体が不自由にも関わらす当事者がパソコンでスライドを映しながら語ってもらった。境港に食事の予約を12時にしてたのも過ぎ海鮮丼を地元の具材で美味しく食べいざマリンタワーと向かった。目当ては〔トリックアート!〕だ。その後海が一望出来る展望台に上がり文字通り暑かった研修はあっという間に終えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧